日本人見つけた!

12. Let's Go, Broncos!

お久しぶりです!コロラドに来てから、日本人に会えただけでワクワクするのに、先日は嬉しいことに同郷(道産子♪)の村田夕奈さんにお会いする機会がありました!

夕奈さんはなんと・NFL ブロンコスのチアリーダーです。
世界中から200名以上が参加するオーディションに合格され、今年の5月に札幌からこちらへ引っ越されたばかり。

日本では幼少期からダンスを習い、社会人としては、日本サッカー・J-1リーグに属する、コンサドーレ札幌のチアリーダーとして10年以上活躍。チームディレクターとしてチームをまとめる役割を担ってきました。
大好きなダンスを続けられる場を探し、当初はサッカーのルールもよくわからずコンサドーレのチアに辿りついたそうですが、チームのチアをする上で夕奈さんもご家族も熱狂的なコンサドーレ・ファンと化す。
長年同じチームでチアを経験し、チアリーダーとして次の目標を模索中、アメリカの様々なプロスポーツのチアを研究し、ブロンコスのチアに魅了される。アメリカならどのチームでも良い!のではなく、ブロンコスのダンススタイルがとにかく気に入ったそう。運命とは不思議なもので、丁度そのころ、以前ブロンコスのチアリーダーをされていた方が、東京でワークショップを開く機会を知り、迷うことなく参加!直接体験談を聞き、さらに挑戦への気持ちが高まる。

2020年、初めてデンバーへ渡り、オーディションへ参加。
ファイナリストまで残るものの、タイミング悪くコロナが流行したため最終審査が翌2021年まで延期される。一年越しの最終審査はあいにく落選。
今年の2月、予選からの再挑戦。世界中から200名以上が参加するオーディションに合格し、26名のチームの一員に選ばれました!

そんな夕奈さんから朗報です♪
お子様向けのチアダンスを夕奈さんから直接学べる機会☆下記、レッスンのお問い合わせは直接夕奈さんまで。

気になるプロチアリーダーの一日とは!?
一日5時間みっちりの練習がない日は、、、

  • ジムでワークアウト(さすが、腹筋割れてます!)、
  • チアレッスンをオーロラで開講↑
  • 日本在住の生徒に対してオンラインレッスン
  • まだコロラドに来たばかりなのでハイキングなど、探索!

日本でもプロチームでチアリーダーとして活躍されてきた夕奈さんですが、「アメリカと日本のチアの違い」をお伺いしたところ、

  • 練習の進むペースはアメリカの方が圧倒的に早く、
  • 皆さんプロ意識が強いので、必ず宿題をこなし、2度と同じことで注意されることはない。(さすがプロ!)
  • チアに対する認識も日米の温度差を感じるとのこと:
    アメリカの方が、チアはスポーツという「エンターテインメントの一部」という一体感が得られ、
  • 組織の、チアリーダーに対する様々なケアシステムが整っており安心して働ける、

とのこと。

また、夕奈さんは練習や試合以外にも、ブロンコス・チアリーダーとして、学校訪問、ファンイベント、ボランティア活動などにも数多く参加されています。ファンや地域と密着できているからこそ、ブロンコス・ファンからの受け入れも温かく、ファンとの距離が縮まるのでしょうね。

夕奈さんの夢は?

将来は、地元北海道でチアのプロチームを作りたい!
「それまではデンバーで、ダンサーとしてのスキルアップを目指して頑張ります!」
また、在米中は、同じくアメリカでチアリーダーとして活躍している日本人たちと繋がり、それぞれのチームのホームスタジアムで試合観戦をしたい!とのこと。(やっぱりスポーツは生で観戦すると楽しみが倍増しますよね!)

プレシーズンは8/13、シーズン最初のホーム試合は9/18です。
シアトルからスーパースター・ラッセル・ウィルソンを獲得し、今年こそは優勝狙えるかもしれないブロンコス!チームはもちろんのこと、夕奈さんを応援しに、ぜひホームゲーム、観に行きましょう!

執筆者プロフィール
モンルイ絵里子

北海道出身、オテンバ3人娘の母、不動産エージェント、ピアノ講師、料理好き♪ 2004年に大学留学で渡米、ニューヨークに15年ほど住み、2019年に夫の仕事の関係でずっと憧れていたデンバーへ家族で越す。都会での生活から、自然に溢れるコロラドへ移り、とっても幸せ。日本人のママ友に出会いたい♪ お家探し&ピアノレッスン(日・英)についていつでもお問い合わせください。
 eriko.monlouis@kw.com

自己紹介