HOME
- - -
- - - - - - -
- - -
とことんコロラドライフ 2010年3月号

雪山に映える澄みきった青空 〜keystone〜

 夜7時を過ぎても明るくなった近頃、夏時間への変更はすんなりと乗り越えましたでしょうか?春一番にそよぐコロラドの旗が、とても気持ち良さそうです。
 突然ですが皆さん、コロラドの旗の由来、ご存知ですか?
 コロラドのCを司る赤は大地のRed earth、真ん中の黄色い丸は太陽、白いラインは雪、そして上下の青はもちろんブルースカイです!そう、まさに今が、コロラドの季節!遠くから眺める雪山も美しいですが、スキーやスノーボードで身近に感じる雪山と青空はまた格別です。そんな訳で、今回はコロラド指折りのスキーリゾートの1つ、キーストーンをご紹介します。

 デンバーより、若干の渋滞に遭いながらI-70を西へ、2時間ほどで標高9,280ft (2,829m) のキーストーンリゾートへ到着。家族連れからパークを楽しむ若者、そしてかなりの上級者までが楽しめるコースが揃っています。

 チケットを購入して、忘れてはならないこと。それは、チケット下のバーコード部分を点線から切り取ってポケットなどにしまっておくこと!日本では、“チケット入れ”なるものにチケットを入れ、リフトまたはゴンドラに乗る度にきっちりとチケットを見せるのが常識でしたが、こちらでは誰もそんなものは持っていないようです。チケットとプラスチックのZip-tieが渡され、ポケットやジッパーの留め金の穴などに通して固定。固定と言っても、紙切れ一枚ですから、転倒などで無くしてしまう可能性は十分にある訳です。そんな時に、保管しておいたチケット下部が必要になり ます。チケット代は、日によって違いがあるようですが、土曜日おとな1日券$93でした。年に数回滑りに行くチャンスがある方は、シーズン券が断然お得です。

 最初のゴンドラを上がって現れる、サミットハウスからの眺めは素晴らしいです。麓のディロン湖と向かいのブリッケンリッジスキー場が一望できます。レストランでのランチも良いですが、ランチを持参する人達もたくさん見掛けます。その際、ロッカー使用には、$2でTokenと呼ばれるコインを購入します。私が滑りに行ったその日は快晴で、あまりの気持ち良さに、サミットハウス前のパティオは人で埋め尽くされ、まるでビーチにいるかの如くラウンジチェアーでくつろぐ人達までいました(笑)

 中級〜上級の方は、標高11,660ft のノースピークへと進みます。また、アウトバックと呼ばれる11,980ft エリアは、あまりコースを切り開かずに、山そのものを滑る事を重視したレイアウトなので林の中を滑り抜ける林間コースが広がります。予約なしでも乗れる1回キャッシュ$5のCAT(キャタピラー、圧雪車)が不定期に運行中。更に極めたい方は、キャットスキーツアー(要予約)にてキーストーンの頂上12,408ft (3,782m)へと進み、リフトではアクセスできないボウルエリアを滑り倒してみてはいかが。樹木限界線を超え、広々とした雪山をダイナミックに滑り降りる、考えただけでワクワクします。(まだ行ってませんが…次回、ぜひチャレンジしたい!)

 キーストーンは、近郊で唯一、ナイター設備をもつスキー場とのこと。日帰りで渋滞を避けたい場合には、早朝出発と早めの帰宅が基本ですが、ナイターで雪明かりを楽しむのも、時には良いかもしれませんね。宿泊される場合には、ぜひ。また、スキーやスノーボードのレンタルをお考えの方は、リゾートへ行く前に、レンタル店にて借りることをお勧めします。リゾートではお値段3倍になりますから。
 キーストーンは、4月11日までの営業予定です。 チュービングやスノーバイク、またスノーシューツアーなども盛沢山で揃っていますので、事前に調べて行くとまた楽しみが広がるでしょう。せっかくのコロラド、雪山の楽しみを逃す訳にはいきません。今期を逃しても、また半年後にはもうシーズン到来です!

みっちィ★

KEYSTONE情報 >>
970-496-4FUN (4386)

* バックナンバーご意見、ご感想はこちら