HOME
- - -
- - - - - - -
- - -
とことんコロラドライフ 2004年1月号

ダウンタウンおすすめスポット その7

デンバーの皆様、新年あけましておめでとうございます。うりです。

今回のコラムはまず最初にダウンタウンの本屋さんについて、そして後半はこちらの掲示板で「挑戦したい」と公言したダイエットの結果報告です。二本立てですが、文章はいつもと同じ位の長さにまとめたので、最後まで読んで頂けたら幸いです。

まずはダウンタウンの本屋さんについて。

以前にも書いた通り私は読書が趣味なので、暇な時は本の沢山ある空間で時間も費やす事も多いです。今回は私が必要に応じて使い分けている3店を、手短にご紹介したいと思います。

タタード・カバー・ブックストア( Tattered Cover Book Store )
1628 16th Street.   Phone (303) 436-1070
http://www.tatteredcover.com

imageデンバーに住む人にとってタタード・カバーは、チェリー・クリークの本店がダウンタウンに支店を出す以前からそのアットホームな雰囲気が多くの人に愛され、本好きな老若男女の集う場所です。在庫数としては大型チェーン店に敵わないとは言え、著者を交えての交流会やサイン会、古い名画を無料で上映したり、そして子供向けの催し物も多く、興味のある方は定期的にホームページにアクセスする事をお勧めします。

特に2階にある子供用の書籍の並ぶセクションは、玩具も数多く置いてあり、一見保育園の様な雰囲気で好感が持てます。私が今回訪れた時間は夜7時過ぎとあって誰も居ませんでしたが、以前雑誌の記事を読んで興味のあったロバート・サブダ( Robert Sabuda )氏の飛び出す絵本が置いてあり、自分の年も忘れてしばし本のからくりを楽しみました。

メディア・プレイ( Media Play )
702 16th Street.   Phone (303) 893-1977
http://www.mediaplay.com

image私がダウンタウンに移り住んだ数年前には、まだデンバー・パビリオンも出来ておらず、ライバルが少なく繁盛していたメディア・プレイですが、ここ数年の書籍部門の衰退は目に余る程です。それでも落ち着いて品物を選べる広い店内は、バーゲン本が数多くあり掘り出し物を見つけるのに最適のお店です。そして勿論 CD 、 DVD の品揃えは、本来こちらがメインとあり充実しています。

メディア・プレイで特に注目して頂きたいのは、1階に置いてある英訳された日本の漫画本の数々です。最近のアニメ、漫画人気を反映して本のある地下から1階に半年程前に移されましたが、ここでの品揃えは今回ご紹介する中でも郡を抜いています。古い漫画から新しい物まで沢山の漫画があり、状態もとても良いです。何故か一緒に日本製のお菓子も置いてありますが、物凄く値段が高いので、こちらはお勧め出来ません。

バーンズ&ノーブル( Barnes & Noble )
500 16th Street.   Phone (303) 825-9166
http://www.barnesandnoble.com

imageダウンタウンで本を探すとなったら、デンバー・パビリオンの一角の、このバーンズ&ノーブルに足を運ぶ方々は多いと思います。在庫数もさることなれど、店内に散らばる椅子でくつろぎながら、あるいはコーヒーを楽しみながら本を吟味する事も出来ます。特に2階のフィクションの品揃えは素晴らしく、所々著者のサイン本まで見かけます。

1階には雑誌が数多く揃えられ、他では見つけ難い雑誌もこちらで見つかるかもしれません。いつ行っても混雑していますが、店内にいる人の数と比べてレジがそれほど混んでいないのも、業界大手ならではの成せる業でしょう。でも時々大きな椅子で居眠りしている人まで居て、お店の人は無関心ですが、少々くつろぎ過ぎでは無いかと思う時もあります。

ダウンタウンも不況の煽りを受け、数多くのお店が閉店に追い込まれています。そして最近はインターネット等で必要な本が安価に買えるので、実際に書店に足を運ぶ方も少なくなったと思います。しかし、ご紹介した3店は、 16 番街を無料で走るシャトルを使って簡単に行き来する事が出来るので、ぜひお時間のある方は立ち寄って本を手にしてみる事をお勧めします。

続いてここからはダイエットのご報告と参ります。

感謝祭、クリスマス、そしてお正月と過ぎ、この時期食べ過ぎたり、いつもの服が少々きつく感る方もいらっしゃると思います。私も昨年末は忙しく、例外無く体重が少し増え、インターネットでたまたま見つけた「脂肪燃焼スープ」に挑戦と相成りました。このダイエットは、スープを好きな時に好きなだけ食べられるので、空腹感の全く無い7日間のプランです。

image基本的にこのスープのレシピは、玉葱3個、キャベツ半分、セロリ1本、ピーマン1個を1口大に切り、缶詰のトマトを1缶入れ、チキンスープの素を1つ、そして水をひたひたに入れて 10 分程煮込む、ですが、日本語で「脂肪燃焼スープ」、英語で「 fat burning soup 」で検索すると色々なレシピが出て来ます。私の場合は、セロリ1本の替わりに3本、そして途中味見をしたら味が薄いので、チキンスープの素を3つ増やして塩をひとつまみ入れ、 30 分以上煮込んだものです。

そして、そのスープと一緒に7日間毎日違う物を食べます。検索すると色々な組合せが出て来ますが、私の実行したプランは要約してこちらです。

1日目 スープとフルーツのみ

2日目 スープと野菜のみ

3日目 スープとフルーツと野菜のみ

4日目 スープとバナナとスキムミルクのみ

5日目 スープと魚とトマトのみ

6日目 スープと牛肉と野菜のみ

7日目 スープと玄米と野菜のみ

結論から言うと、私はこのプランで体重が6ポンド(約3キロ)落ちました。始めて数日で体重ががくんと落ち、5日目終了後は少し増え、7日目を終わった今日また減っていました。スープは特別に寒い日が続いたのが良かったのか、私の野菜好きが幸いしたのか、7日間終えた後でもまだ飽きてはいません。それでも毎日スープを作っていたので、この1週間で玉葱をなんと 20 個以上も食べたことになり、匂いが何となく鼻に付いて、暫く玉葱は遠慮したいです。

体重が減ったのは喜ぶべきと思いますが、考えてみれば、普段は「好きな物を好きなだけ食べる」食生活をしているので、炭水化物、砂糖、油類、そしてアルコールを1週間抜けば体重が減らない方が不思議です。そしてインターネットで調べてみたら、やはりこのダイエットは終了した途端に体重が増える確率が高いそうです。それでも野菜を沢山食べられたので体調も良いし、短時間で健康的に体重を減らしたい方にはお勧めです。

くどいようですが、このダイエットを試してみたいと思われた方は、インターネットで検索をしてご自身に合ったレシピとプランを厳選するのが最良です。でも基本のスープ自体は野菜の沢山入ったコンソメスープなので、寒い冬の食卓を彩る1品として、ご家族にも喜ばれると思います。

さて、お勧めと言うよりただのレポートの様になってしまった今回のコラムですが、如何でしたでしょうか。ひとまず私はダイエットも終り、このコラムを書き終えた後はダウンタウンの Walgreens で購入したクリスピー・クリーム( Krispy Kreme )のドーナツでもつまみながら、本屋めぐりで買って来た本を読んで、デンバーの冬の夜長を楽しみたいと思います。皆様も楽しい冬のひと時をお過ごしください。そして最後になりましたが、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

ご意見、ご感想は unizoh777@hotmail.com までどうぞ。

* バックナンバー