HOME
- - -
- - - - - - -
- - -
今月のおすすめの本紹介 2013年10月号

故郷の親がおいたとき−46の遠距離介護ストーリー
著者:太田差惠子

多くのアメリカに住んでいる日本人の皆さんは日本に住んでいる親と離ればなれの方も多いですよね。いざ親がおいたとき。。。私は、いつも日本の親にさよならをするときには、これが最後かな?と思う年になりました。
先日、私の知人が日本の親が急に心臓発作で倒れて帰国する日に空港に送る道で
ポツリと、「最後まで介護しないといけないかな?」と言っていた言葉に心に今も残っています。親の死に目には合えないと覚悟することもありますが、それ以上に介護が必要となったときに私は??と考えるこのごろです。

この1冊にはそんな方々に少し勇気、そして自分だけでない誰もが悩んでいる日本の高齢化社会の問題について実際のストーリーを紹介しています。
次に両親にあったらいろいろなことを話せそうです。

* HOME