HOME
- - -
- - - - - - -
- - -
デンバー生活情報
コロラド州って?

コロラド州は、アメリカの中西部にあり、北はアラスカから南はニューメキシコまで全長6,500Mに及ぶ壮大なロッキー山脈が州の中心を横断しています。コロラドは、アメリカ西海岸の大都市サンフランシスコやロサンゼルスからでも飛行機で約2時間で来られます。コロラド州の全面積は104,000平方マイルで日本の本州とほぼ同じサイズです。コロラド州は、西部半分がロッキー山脈の山々に覆われており、東部半分が平野となっています。アルペン・ベイルといった名高いリゾート地を持つコロラド州は、1年を通じて多くのアクティビティが楽しめる魅力的な場所でもあります。冬はスキー、夏は乗馬、サイクリング、ハイキング、ゴルフなどこれだけ多くのアクティビティを楽しめるエリアもアメリカでは珍しいです。その上、日本人にはうれしい温泉も多いです。本当に人々が大自然と共に生きている土地と言えますね。

デンバーってどんなところ?

デンバーはコロラド州都で州の中部、荘厳なロッキー山脈の東に位置します。デンバーは、1800年なかば金鉱発見と共に栄えたアメリカ開拓時代の町の一つでしたが、今日のでは市内には高層ビルが立ち並ぶ近代大都市です。さらに1994年に完成した新デンバー国際空港は、ロッキー山脈をデザインとした新しいモデルの空港で世界でも最新・最大規模のものだと言われています。最近ではヨーロッパからの直行便も発着しており、日本への直行便も将来期待されています。デンバー市は、海抜が1マイル(約1.6km)の場所にあることから ”Mile Hi City”と呼ばれており、何かのタイトルにはよく MILE HIの名前が出てくることが多いですね。それにデンバーはアメリカでも、すべてのスポーツのチームがある少ない都市の一つです。フットボール(ブロンコス)、野球(ロッキーズ)、ホッケー(アバランチ)、バスケット(ナゲッツ)とサッカー(ラペッツ)と1年を通じてスポーツを楽しむことができます。
文化、産業、観光、マーケティングの中心としてさらに拡大しているデンバーは、連邦政府の地域オフィスも多くロッキー地方でのリーダーとして重要な町でもあります。

人口

コロラド州人口は、約466万人(2005年統計から)と言われており、その内デンバー市とその周辺では、55万人ぐらい(2005年統計)の人が住んでいると言われています。毎年、人口が増え続けており2010年には1.5から1.9倍にもなるのではないかと予想されています。西海岸などの自然災害などで安定した土地を求めて移動してくる人や、アメリカ経済成長を背景にハイテク関係など産業の会社で引っ越してくる人が多いようです。また、日本人・日系人は1.5万人ぐらいがデンバー市とその周辺に住んでいると言われています。

気候

デンバーは、年間通しても温暖です。気候は、夏の平均が30度ぐらいで冬でもー4度程度です。コロラド・ロッキーマウンテンと思うと”雪が多い”とか”寒い”とか思う人が多いでしょうが、デンバーはどちらかと言うと砂漠地帯にあるため年間の平均降水量も90日ぐらいと極めて少なく、雪が降ることはあってもめったに積もりません。雪が降る前日は寒いが、雪が降れば24時間から48時間以内に太陽を見ることができ暖かいと地元の人々は言います。夏は暑いのですが、日本とは違い湿度が低いのでカラットした暑さです。一年中過ごし易いといったこともデンバーの人口の増加の理由のひとつかもしれませんね。

* デンバー生活情報